こんにちは!朝比奈です。

 

今回は、

 

【夜食べると太る原因は?!BMAL1(ビーマルワン)が鍵だった!】

 

ということについて書いていきます。

 

 

 

『夜食べ過ぎると太りやすい』・『夜い時間に食べると太りやすい』

このような事はよく聞くかとは思いますが、何故太りやすいのか?

と問われるとちょっと回答に困りますよね。

 

 

この太りやすい原因は【BMAL1(ビーマルワン)】というタンパク質の

影響によるものなのです!

 

 

 

BMAL1の働きを理解することが出来れば、遅い時間の食事、夕食の大量摂取を

減らすことができるようになるため、結果的に痩せやすい体を作りやすくなります!

 

 

 

それではこれから見ていきましょう。

 

 

 

 

 

 

夜食べると太る原因は?!BMAL1が鍵だった! 解説動画

 

 

 

 

夜食べると太りやすい理由とは?

 

夜に食べると太りやすい原因については、冒頭で【BMAL1】が影響している

と書きましたが、BMAL1とは一体どのようなものでしょうか。

 

 

 

BMAL1は、体内に脂肪を取り込むというダイエットに対してはケシカラン

働きをするたんぱく質であり、24時間のサイクルで増えたり減ったりしているという

ものです。

 

 

と言いましても実際は、この増減のサイクルで減っている時に食べ物を

摂取すると脂肪には取り込まれにくいのです。

 

最もBMAL1が減るのは14時~15時頃、最も増えるのは22時~午前2時頃

言われています。

 

 

 

例えば、遅い時間に食事を摂ったりするとBMAL1の影響で、

脂肪がどんどん体に蓄積されていくわけですね。

 

同じ量を食べたとしても15時に食べたとしたらどうでしょうか?

 

その時間は最もBMAL1が減っている時間ですので、脂肪に蓄積されにくい

ということになりますね。

 

同じ量を食べても脂肪に蓄積されにくい時間帯・蓄積されやすい時間帯が

あるのなら、蓄積されにくい時間を選ぶほうが良いのは当然ですね。

 

 

 

もし食餌制限で一日に2食しか食べないという人の場合は以下のようになります。

 

1 朝7時と昼12時に食べる →やや太りにくい

2 昼12時と夜20時に食べる →太りやすい

 

ただでさえ、ダイエットのため食事量を減らしているのに、太りやすい時間帯に

食べてしまっているのはあまりにも残念ですよね!

 

 

 

夕食は最も食欲が湧いてくる時間帯なので、多めに食べてしまいがちですが、

BMAL1の増減時間を理解していれば夕食は食べない、もしくは控えめに

するほうが賢いことは明らかですね。

 

 

 

一日のうちで『どうしてもたくさん食べたい!』ということでしたら、14時~15時くらいが

最も良い時間と言えそうです。

 

 

ただし、今回ご紹介した時間帯は【朝起きて夜寝る】という通常の生活を

している方を対象としていますので、もし夜勤などがある方は少し時間を

ずらして考える必要があります。

 

どんな生活スタイルでもBMAL1は減少時間は15時、増加時間は午前2時というわけでは

無いということだけは理解しておいてくださいね!

 

 

 

ちなみにですが、『本当に夜に食べることは太るか?』ということをお私が一週間だけ

検証してみた結果、明らかに食べている量は同じなのに、太る傾向がありました。

 

通常は夕ご飯はほとんど食べない生活なのですが、今回検証した結果、

太る傾向があることに加え、以下のこともわかりましたのでこちらもお伝えしておきます。

 

・朝起きた時に、まだ消化されていないものが残っている感が心地悪い

・無駄に長時間寝てしまう(消化のために体が頑張っているから?)

・なんだか肌の調子も良くない

(これはおそらく、寝ている間に体が消化の作業で忙しく、体のメンテナンスを

するような暇が無いからなのでは?と思われる)

・いつもは朝起きた場合に体重を測ると前日体重より0.3~0.4ぐらい

落ちているのに、それがほとんど落ちていないことが多い

これはちょっとモチベーションが下がる

・もう少しだけ食べようかな・・・と思って食べたときの罪悪感が半端ない

 

夜に食べることを一旦やめると、夜食べることのデメリットが多すぎることがよく

理解できました。

 

 

夜に食事をする際には、上記の内容も参考にしていただければと思います。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

【BMAL1】のことが理解できましたでしょうか?

 

 

 

22時から午前2時まではアンチエイジングホルモンである【成長ホルモン】が

最も活発になる【ゴールデンタイム】であることはよく知られていますが、

ダイエットの観点からすると最も注意しなければいけない時間ということになります。

 

 

 

【22時から午前2時はBMAL1の影響で危険タイム!】このことさえ理解していれば、

食事を夜に極端な量を摂取したり、夜遅く摂取する等の行為を控えることが

できるでしょう。

 

 

 

今回の記事がお役に立てれば幸いです。