[dblog-rsp-text-pic2]


【LINE】に登録していただくと
記事更新の際に通知が届きます!
友だち追加






こんにちは!朝比奈です。

 

 

 

今回は、(環境を変えること)についてお話します。

 

 

あなたは現在どのような環境でダイエットを行っていますか??

 

ここでいう環境とは、自宅も職場も含めてのことです。

 

実はこの【環境】を見直すこと、もしくはうまく活用することでダイエットの

成功率はぐっと上がります!

 

今回の内容の環境とは(間食を極力減らせる環境)と考えていただいて結構です。

 

 

 

なぜ成功率が上がるといえるのでしょうか?

 

それをこれから見ていきましょう。

 

 

 

 

 


 

 

[dblog-rsp-midashi-st]

環境を変えることが成功への近道! 解説動画

 

 

 

 

理想的な環境とは?お勤めされている方の場合

 

環境とは、いろいろなことを指しますが、ここでは、まずお勤めされている方について、

話していきます。

 

会社勤めなどをされている方は、ダイエットをするにあたって非常に良い環境です。

 

何を持って良いと言っているかと言いますと、

 

食べ物の誘惑が少ない!

 

ということです。

 

 

 

職場によっては、仕事中でもバリボリお菓子を食べたりするところもあるかも

知れませんが、基本的に好きな時間にすぐ手を伸ばして食べるというのは、

気がひけるものです。

 

特にスナック菓子やおせんべいなどの音の鳴るものは余計に食べづらいですよね。

 

ちなみに私は、職場では音のなる系の食べ物はほとんど食べません。

(昼食時などもなるべく音は出さないようにしています)

 

 

 

職場などでは以下のようなことを意識するとダイエットに良い

影響を与えるでしょう。(間食しないという意味で)

 

・ガリガリボリボリ音は、他人が聞くと不快な可能性が高い上に、

その音により、他人の仕事の集中力を低下させている可能性がある

 

・音が鳴るものは、大体匂いも結構する。職場でスナック菓子やおせんべいの匂いがして、

心地よいと思う人というのは少数派ではないかと推測できる

 

・基本的には仕事する場所なので、そこで飲食をすることにためらいが無いという点で、

周囲のことを考えて行動をすることがあまり出来ない人なのだなと思われる可能性がある

 

・職場で間食する人で美しく痩せている人を見たことがない(少なくとも私は)

 

・また音が鳴らず、匂いがしなかったとしても、食べている姿は、

そんなに美しいものとは思えない

(もちろんきちんとした食事の席で、美しい作法で食べるというなら話は別)

 

・コンビニで買ったコーヒーや紙パックの飲み物をストローでジュルジュル音を出す

 

・同様に缶の飲み物をジュル音を出して飲む

 

上記のような内容を見ても、それでも職場で間食した~~い!

というのであれば、残念ながらダイエットはちょっと難しいかもしれません

(ここで言う間食とは甘い飲み物も含みます)

 

そうではなく、(う~ん、たしかにおっしゃる通り。共感できる部分もある)ということでしたら、

バッチリです。

 

この(みっともない・恥ずかしい)という感情を利用して、職場(仕事中)はあまり、

飲食しないようにすればいいのです。

 

これだけで、無駄な間食を減らすことが出来ます。

 

 

 


 

 

どのような環境が理想的?自宅もしくは休日の場合

 

 

では、今度は昼間は自宅にいる主婦の方や、在宅での仕事をされている方、

及びお勤めの方の休日の場合を見ていきましょう。

 

 

 

自宅は誘惑の宝庫です。正直私もずっと自宅にいてダイエットしなさい!と言われると、

きちんと成功できる自信はありません。

 

なぜかというと、立ち上がったらすぐに飲食できるものがあるからです。

 

想像してみてください。

 

 

 

家でゆっくりしていて、美味しい食べ物や飲み物が目の前にあるのに、

それに手を出さず、家事に仕事にがんばっている状態を・・・。

 

きっと一息つく時に手を伸ばしてしまいますよね?

 

この、(目の前にはあるが、意志の力で抑制しなければならない)というのが曲者なんです。

 

 

 

ダイエットは意志の力で、食欲をコントロールして継続するのは本当に辛いです。

 

では、環境を変えましょう!ということで案はいくつか挙げてみます。

 

 

 

 

1 飲み物食べ物を最小限にする

 

この場合の飲み物食べ物は食事に使用するものではなく、

間食として食べて、飲んでしまいそうなものを指します。

 

スナック菓子、ケーキ、チョコ、清涼飲料水、甘い飲み物すべて。

などなどです。

 

安い時にまとめ買いをするのではなく、どうしても食べたくなったら、

その都度買いに行くのです。

 

 

 

家からどのくらいの距離にコンビニやスーパーがあるかにもよりますが、

あまりにも遠いと行く気が失せます。それでちょうどよいのです。

 

たとえ目の前にコンビニがあったとしても、わざわざ部屋着から着替えたりするのも

面倒ですし、寒いとなおさら出たくないですよね。

 

さらに都度買うとお金もかかります。

 

 

 

このように(食べるまでには複数のアクションをとらなければならない)となると、

なんとなく面倒になって、食べるのを諦めてしまいます。

 

このような感覚になるとナイスです。

この環境を継続していきましょう!

 

 

 

2 自宅でトレーニングをしている人はジムなどに行って環境を変える

 

自宅で筋トレなどされている方もいらっしゃるかも知れませんね。

 

トレーニングすること自体は非常に良いことなのですが、

 

自宅で行っている

 

という部分がやはり、何かを食べてしまう危険性がありますね。

 

 

 

そういう場合には思い切ってスポーツジムに行ったりするということも

良いと思います。

 

新たにジムの費用がかかってしまうようになってしまいますが、

自宅にいるときのように、食べ物の誘惑は少なくなりますし、

自宅とは違っていろいろな機器が揃っている上に、

他に同じように頑張っている方もたくさんいるということで、

モチベーションも上る可能性もあります。

 

 

 

ダイエットする際のこれらの出費は(ダイエット費用)ということで、

惜しまずに使うことが、短期間で成功するためのひとつの方法といえるでしょう。

 

ただし、せっかくジムに行くのに、

間食に備えてバッグにたくさんチョコレートなどを入れてはダメですよ!

 

 


 

 

[dblog-rsp-midashi-last]

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

環境がいかに重要であるかがご理解いただけましたでしょうか?

 

 

 

意志の力は人間皆弱いものです。

 

食欲というものを意志の力で制御することは本当に大変です。

 

それならいっそ意志の力を使わないようにしよう!ということが今回の趣旨でした。

 

可能な範囲で実践できるところから始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

きっと、

 

(私って間食しなくても全然平気じゃん!)

 

という感覚が身についてくると思います。

 

そうなるとダイエットは加速すると思いますので、ぜひ頑張ってみてください!

 

 

 

今回の記事がお役に立てれば幸いです。


[dblog-rsp-text-pic2]