[dblog-rsp-text-pic2]


【LINE】に登録していただくと
記事更新の際に通知が届きます!
友だち追加






 

こんにちは!朝比奈です。

 

今回は、

 

【(リバウンドの上級者)はどんな性格?特徴5つはコレだった!】

 

ということについて書いていきます。

 

 

 

あなたは過去にリバウンドをしてしまった経験がありますか?

 

 

一度二度程度でしたら誰にでも起こり得るかもしれませんが、それ以上のリバウンド経験が

あるのであれば、ダイエットの方法以前に性格的な問題が関係する可能性があります。

 

リバウンドを繰り返す人の性格の特徴として考えれる内容をいくつか挙げてみますので、

もしあなたも該当する項目があるようでしたら、なるべく改善するようにしてくださいね。

 

 

 

今回の内容をお読みいただくことで、

リバウンドを繰り返す可能性の高い性格を理解し、

自分が該当するものについては改善するよう努力することによって、

今後同じ事を繰り返してしまう可能性を減らすようにすることができる

ようになります。

 

 

 

それではこれから見ていきましょう。

 

 

 

 

 


 

 

[dblog-rsp-midashi-st]

リバウンドを繰り返す人の特徴! 解説動画

 

 

 

 

リバウンドを繰り返す人の特徴

 

リバウンドを3回以上繰り返す人を私は【リバウンド上級者】と名付けることにしました。

 

あなたは大丈夫ですか?

 

ある意味、【それでもダイエットを続けている】という点から見れば継続力があると

言えるのかもしれません。

 

その継続しようとするスタンスは非常にすばらしいと思います。

 

と言いましても、なるべくでしたらリバウンドは繰り返したくないですよね?

 

 

 

この不名誉な上級者になってしまう人の特徴と対策を

今回は挙げていってみたいと思います。

 

あなたも読んで『どきっ!』とする部分があればぜひ改善してくださいね!

 

では行きます!

 

 

 

素直ではない

人に何かを勧められてもすぐに行わない、たとえリスクが少ないものだとしても

まずは様子をみてしまうというタイプですね。

 

 

リスクが少なそうな方法はじゃんじゃん試していくと良いと思います。

 

ムダに高いものを勧められて安易に摂取したりするのは問題ですが、

『この食べ物試してみたら?』『こんな方法もあるよ!』程度のすぐにできてお金も

時間も使わなそうな事でしたらまずは取り組んでみるべきでしょう。

 

試してみて、しばらく経過を見て、それからその方法や食べ物が自分に合っているかという

判断をすればよいだけです。

 

 

 

『◎◎を食べないなんて考えられない!』という発言をする

 

こちらも最初の項目と似ていますが、

『白米は抜いたほうが糖質が控えることが出来て良いよ』

と伝えても、上記のような発言をし、一向に取り入れることをしないということですね。

 

もちろん、『その根拠がよく理解できないから調べてから実行する』

という理由があるのでしたら、話は別ですが、

無駄に自分の信念を貫くことに一生懸命になり、

本質が何かがわかっていない場合は改善の余地があるといえるでしょう。

 

これを例えたものとしては、『私、健康オタク!健康のためなら死ねる!』

と言っているのと同じです(笑)。

 

何のために健康になろうとしているのだ?というお話ですよね。

 

 


 

 

すぐに結果を求める

『一週間頑張っても全然痩せない!』というような発言がこれに当たりますね。

 

実際に一週間で結果が出る場合もありますが、そうではないことのほうが大半でしょう。

 

それをこのようにすぐに結果を求めてしまっては、

『あ~、もう全然痩せない!もういいや食べちゃえ!』

 

 

ということになってしまいます。

 

これはリバウンドの最上級者といえるような行動でしょう。

 

 

 

異常なほどにストイック

『よし、◎◎ダイエットをするぞ!』と決めたら愚直にそれを行うタイプの事です。

 

一見、成功しそうに感じますがどこかで『ブチッ!』と糸が切れると、

過食をしてしまいそうなパターンです。

 

例えば、『糖質制限を徹底するぞ!』ということで、1日に10g以下しか糖質を

摂取しなかったりすると、どこかで反動が出て、気づいたらパンケーキを食べまくっている・・

ということになりかねません。

 

多少のゆるさを持ち合わせておくことが重要だと思います。

 

 

 

責任転嫁することが多い

『◎◎ダイエットはやせなかった』

『テレビで言っていたあの食材を食べているのに痩せない!』

『太る体質だからしょうがない』

 

このような発言が多い場合は明らかに責任転嫁を

結構な頻度で行っている可能性があります。

 

 

 

どのような方法だったとしても、万人にその方法が効果的かは分かりませんし、

実際試してみて結果がでなくてもそれはそれでいい、ぐらいに大きく構える心が必要でしょう。

 

『太る体質』などは自分の食習慣への言い訳以外の何者でもありません。

 

まずは自分の食習慣を改めましょう。

関連記事:【太る体質】は言い訳?思考方法と方法論のバランスを理解しよう!

 

 

 

どうですか??

 

あてはまるものはありましたか?

 

これらの発言、考えを改めるだけでもリバウンドを繰り返してしまう可能性は

減っていきます。

 

該当する項目があればすぐにでも改善してみてくださいね!

 

 


 

 

[dblog-rsp-midashi-last]

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

リバウンドを繰り返してしまう人の性格の特徴がご理解いただけましたでしょうか?

 

 

 

今回の5つの項目に当てはまれば必ずリバウンドする!という事ではありませんが、

このような考えがいくつか重なることによりリバウンドしやすくなるという傾向は

あると思います。

 

今回の内容はダイエットだけではなく、いろいろな場面で出てくるはずです。

 

その際には今回の内容を思い出して、考えや行動を改めてみるとよいでしょう。

 

 

 

それが癖になれば、ダイエットを行う際の姿勢も良い方向に変化し、

結果的にリバウンドしにくく痩せやすい状態になることができるでしょう。

 

 

 

今回の記事がお役に立てれば幸いです。


[dblog-rsp-text-pic2]