こんにちは! 朝比奈です。

 

今回は、【自分の空腹の限界を知るメリットと方法】について書いていきます。

 

 

 

あなたは自分の空腹の限界がどれぐらいか知っていますか?

 

通常はそこまで空腹になることはそうそう無いので、

わからない場合が多いと思います。

 

 

自分の空腹の限界がわかるようになると、

ダイエットが成功しやすくなります。

 

 

そして、空腹を感じて憂鬱になるということが少なくなります。

 

 

それはどのような理由からでしょうか?

 

これから見ていきましょう。

 

 

 

 

 

自分の空腹の限界を知るとメリット大!その方法は? 解説動画

 

 

 

空腹の限界を知ることによるメリットとは?

 

 

 

自分の空腹の限界を知るというのは、想像以上のメリットがあります。

 

 

まず、たとえお腹が空いていたとしても、

 

『自分は ●●時間までなら耐えられることがわかっているので、余裕余裕!』

 

と考える事が出来るようになります。

 

 

また、この経験をすると、

 

1空腹になる → 2空腹感が無くなる → 3空腹になる

→ 4無くなる → 5お腹が全然空かなくなる

 

という一連の流れがわかるようになります。

 

あなたも、1~2は経験があるのではないでしょうか?

 

あれほどお腹が空いていたのに、全くその感覚が無くなった・・

のような状態ですね。

 

 

これは体が糖質を求めているのに(そうではない場合もありますが)、

何も摂取する気配が無いので体が諦めて、

体の脂肪を使ってエネルギー元にしているような状態ですね。

 

 

私の経験的には、3~4がそのような感じがしますね。

 

1~2の部分は、ジャブ的な感じで、

 

『何かくれ~、何かくれ~』

 

と体が言っている感じで、3の部分で、

『ホント、頼むから何かください!』

 

と言っているような感じがします。

 

 

その後で体が諦めて、脂肪をエネルギー源として使い始めている

というような感じですね。

 

 

この段階まで来ると、急激に痩せることが出来るようになりますが、

こういうことを毎回続けるわけにはいきませんので、原理だけ知っておいてください。

 

 

これを知っているだけで、お腹が空いても、

 

『お、今は1~2が来ているな。お、4の辺りまで来たかも!』

 

のように解釈することができ、今までのように、

 

『お腹すいた → 体力が出ない、頭も働かない → 何か食べよう』

 

という思考にならずに済みます。

 

 

そして、経験的にはお腹が一度空いて、それが収まったときというのは、

非常に頭が働くようになります。

 

 

これを理解すると、食事したあとのぐったり感が仕事をするにしても、

勉強などをするにしても非常に邪魔になることがわかると思います。

 

ただし、食後のぐったりはほとんどお腹いっぱいが原因というより

糖質を多く摂った時にそのようになる傾向があるので、ぐったりしたくない方は、

糖質をかなり減らしてみてください。

 

 

私は、糖質がほとんどない食事で腹10分目になるより、

適度に糖質も含んだ食事を腹6分目にしたときのほうが、ぐったりします。

 

ぐったりすることを防ぎたいのなら、自分で実際に検証してみて

 

(この程度ならぐったりしない)

 

という部分を見つけてみるという事を行ってみると良いかも知れませんね。

 

 

 

あとは、ダイエットとはあまり関係の無いメリットの例を挙げてみます。

 

あまり起きてほしくは無いですが、地震などの災害で、

しばらく食事が取れなくなるということも日本に住んでいる限り、

大いにあり得ますよね。

 

 

そうした際に、この空腹の限界を知っていることが活きてきます。

 

そういうことを知らなければ、

 

『ああ、もう1日も食べてない・・このまま餓死するかも・・』

 

というような考えにはなりにくくなります。

 

 

そして、多少は心に余裕を持って行動できるようになると思います。

 

 

食べていなくてもある程度は大丈夫、と理解することはとても重要なことです。

 

 

 

限界を知る方法は?

 

 

これまでの内容で、

 

空腹の限界を知るメリットの理解

 

ができたかと思います。

 

 

それではこれから、その限界を知る方法をお伝えします。

 

 

 

結論をいいますと、プチ断食のような感じになります。ただし、

 

プチ断食と違い何度も行うことではないのでその点は理解しておいてください。

 

 

行う目的はあくまでも、

 

(空腹の限界がどれぐらい?)

 

という事を知ることですから。

 

 

 

ここからが方法の説明です。

 

まず、土日などの連休などを使っておこないます。この場合は土曜日に行います。

 

そして朝から水やお茶以外を摂取しないようにします。

 

 

 

開始したら体は動かすことはなるべく控えておいてください。

 

掃除したり、料理を作ったり、筋トレしたりなども行わない方がいいですね。

 

 

DVDでも見ているほうがいいかもしれません。

画面を見ていると、その物語などに引き込まれて、

 

(今食事を制限しているんだ)

 

ということを忘れさせてくれます。

 

 

しばらくすると、空腹がやってきますので、

 

『お、来たな』

 

という感じで余裕でクリアしてください。

 

 

空腹が来てしばらくすると無くなる

ということを理解していれば乗り越えられます。

 

その際、飲み物はたくさん飲んでもいいですよ。

 

 

 

一度空腹が収まったら、まずその感覚を理解しておいてください。

 

空腹から空腹では無くなる時間などをメモしておくことをオススメします。

 

(朝、7時から開始、12時に空腹になり、13時に収まった)

 

このような感じで良いです。

 

 

 

あとは、そのまま継続し、また空腹が来て収まって・・

を記録します。

 

 

可能であればそのままがんばっていると全くお腹が空かなくなります。

 

 

この感覚までいければ良いですが、またお腹が空いてきたら、

もう一度、収まるまで待ってみてください。

 

 

それでも長時間収まらないようなら何か食べてしまっても構いません。

 

それぐらいがだいたい限界なんだな

理解すれば良いです。

 

 

 

ただし、可能であれば開始したその日だけは何も食べずに継続して、

そのまま眠り、次の日の朝の状態まで確認できると理想的ですね。

 

朝起きるとお腹が空いていない事が多いです。

 

(寝ると空腹感は極端に無くなるんだ)

 

ということが理解できます。

 

これで、大体24時間ぐらいは耐えられることがわかると思いますので、

ご自分が今後空腹になった際の対応の参考にしていただくと良いですね。

 

 

ただ、今回行ったことは、

 

『前日に何時に食事して、何を食べたか』ということや

体調なども影響してくるので、一度行ってみたことがいつも通用するわけでは

ありませんが、大まかな参考にはなると思います。

 

 

 

次の日からは、おかゆなどの消化の良いものから食べはじめて、

また通常の食事に戻していってくださいね。

 

 

間違ってもがっつりカツ丼など食べてはだめですよ!

胃がびっくりしてしまいますからね。

 

 

まとめ

 

 

かがでしたでしょうか。

 

空腹の限界を知るメリットと方法が理解いただけましたでしょうか。

 

 

空腹の限界がわかるとかなりダイエットには効果的です。

 

通常はわざわざどれぐらいが限界なのか?ということをテストすることなど

しないと思いますが、一度だけでもやっておくと実際にすごく空腹になった際に

妙な余裕を感じることができるのでオススメですよ。

 

 

ちなみに私は過去に何度か55時間何も食べなかったことがあります。

 

ただし、その際にはココアを少し飲んだり、コーヒーを飲んだりしたので、

今回紹介した方法よりゆるい感じにはなっていますが、

50時間を超えた頃からなんだか異常に元気になりびっくりしました。

 

あの元気は一体どこから来るのだろう・・と今でも謎です。

 

おそらく

 

サーチュイン遺伝子・若返り遺伝子とも言われる)

 

の影響なのかもしれませんが、

また調べて何かわかりましたら記事にしてみますね。

 

今回の記事がお役に立てれば幸いです。