こんにちは!

 

今回は、

 

【ダイエット中でも甘いものを摂りたいなら、

カロリーゼロのラカントsを使ってみよう!】

 

ということについて書いていきます。

 

 

 

あなたは現在、甘いものを我慢して摂取しないようにしていますか?

 

 

ダイエット中はもちろん甘いものを控えたほうがいいですよね。

 

 

 

ただし、どうしても摂取したいというときは仕方なく摂取しているのではないでしょうか?

 

例えばちょっと缶コーヒーを飲むとか・・・。

 

 

 

きっちりルールを作りすぎるとダイエットが辛くなりますので、その程度は問題ないとは

思いますが、通常売られている商品には砂糖はもちろんのこと、

その他の食品添加物も大量に含まれているので、

摂取はあまりおすすめ出来ません。

 

そこで今回は【ラカントs】の摂取をオススメしたいと思います。

 

今回の内容をお読みいただくことで、

 

我慢していた甘いものを、積極的に摂取できるようになり、

甘いものを我慢していたストレスが軽減する

 

ということを理解出来るようになります。

 

 

 

それではこれから見ていきましょう。

 

 

 

 

 

 

ラカントsの活用 解説動画

 

 

 

 

ラカントsとは?

 

ラカントsとは有名なのでご存じの方も多いと思いますが、

原材料が全て天然素材のみで作られている甘味料です。

 

 

参考:ラカントs 公式サイト

 

原材料は以下の通りです。
【エリスリトール、ラカンカエキス、甘味料(ラカンカ抽出物)】

 

 

 

このラカントはなんとカロリーゼロ!

 

そして、成分表の欄には100gあたりの糖質量は99.8gとなっているようですが、

体には吸収されないため、実質的には糖質はゼロであると考えて良いようです。

 

 

 

これは糖質を控えている人・カロリー中心でダイエットを考えている人、

どちらにとってもありがたい甘味料ですよね!

 

 

 

使い方は、通常の砂糖と同じです。

 

料理に入れたり、飲み物に入れたりすればOKです!

 

私はよくブラックコーヒーや紅茶に入れて飲んでいます。

 

 

ノンカフェインコーヒーにも入れたりしますが、通常のブラックコーヒーに入れるほうが

味的には好みですね。

 

 

 

ただし、金額がなかなか安くはないのでそこだけはちょっと懸念するところでは

ありますが、健康のことを考えるとこのあたりは妥協するべきではないかも知れませんね。

 

参考:Amazon ラカントs 800g 2155円

 

通常の砂糖の10倍以上の金額はしますが、購入する価値はあると思います。

 

 

 

お子さんがいらっしゃる方はこのラカントsを使ってお菓子を作ってあげると

良いかもしれませんね。

 

 

通常の砂糖を使うと幼い頃から砂糖依存症になりかねませんからね。

 

 

 

ちなみに私が実際に使用してみての注意点としては、

以下の様なものが挙げられます。

 

・直接スプーンでラカントsをすくって食べてもおいしいため、

ちょいちょいそのまま摂取してしまう(笑)

 

・出来ればダイエット中は甘いものを控えたほうがよいのは間違いないのだが、

ラカントsを摂取することにより、外出先で甘いものがあった場合に、

抵抗なく食べてしまう可能性がある(甘いものはダメという感覚が薄れるため)

 

この2点さえ、注意すれば摂取しても問題ないと思います。

 

 

 

そもそも金額が高いので、ちょっとずつ使うようにすることにより、

摂取を控えるようにすると良いかもしれませんね。

 

以上です!!

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

ダイエット中でも甘いものを食べることができる【ラカントs】について

ご理解いただけましたでしょうか。

 

通常の砂糖を摂取すると、どう考えても体に悪い上にダイエットに関しても

何一つ良いことは無いので、どうしても甘いものを摂りたいようでしたら

活用してみてくださいね。

 

 

 

店側からしたら嫌がられるかも知れませんが、ラカントsを小分けして袋に入れて、

カフェでブラックコーヒーを頼んでラカントsを投入すると健康的なコーヒーを

飲むことができますよ!(あくまで自己責任で実行してください)

 

 

 

ちなみに、ラカントsを購入したら試しに、通常の砂糖と味を比較してみてください。

 

私はラカントsの後に通常の砂糖を舐めると、『うっ!』という変な違和感を感じました。

 

体が拒否した感じです。人によるのかもしれませんけどね。

 

ということで、ダイエッターの強い味方、ラカントsをぜひ試してみてくださいね!!

 

 

 

今回の記事がお役に立てれば幸いです。