こんにちは!朝比奈です。

 

今回は、

前回に引き続き、

【ダイエットに成功して気づいたこと(デメリット)】

について書いていきたいと思います。

 

 

 

 

ダイエットは成功してもデメリットがいくつかあります。

 

もちろんメリットのほうが数倍多いですが、私が実際に感じたデメリットを

書いていきたいと思います。

 

目標体重に達しても必ずしもメリットばかりではないことを初めから理解しておくことは

非常に重要です。

 

では見ていきましょう。

 

 

 

 

 

 

ダイエットに成功して気づいたデメリット! 解説動画

 

 

 

 

成功後のデメリット

 

今回は4つのデメリットを挙げていきます。

 

一つずつ順番に説明していきますね。

 

 

 

冬が異常に寒く感じる

 

 

はい、これは夏の逆バージョンですね。

 

痩せるとかなり寒く感じるようになります。

 

周りの人は誰も手袋やマフラーなどは使用していないのに、

自分だけがっつり使っている・・・という状態になります。

 

体感的には痩せる前より5度ぐらい外の気温が寒く感じられます。

 

1度とかになると死にそうになります・・。

 

まぁ、これはたくさん厚着すればいいだけの話なんですけどね。

 

ただ、朝昼の気温差が激しいときには、朝フル装備で出発し、

昼は一部脱いだりする必要があるため、カバンが無駄に膨らんでしまいます。

 

これはしょうがないですね!

 

 

 

木の椅子に座ると痛い!

 

 

これは痩せる程度にもよるとは思いますが、お尻の肉が薄くなるほど痩せると、

木の椅子に座ると骨が当たって、痛くなります。

 

おそらく尾てい骨です。

 

こんな体験、人生で初めてだったので最初は驚きました。

 

例えば・・・

・駅のホームの椅子

・小洒落た店の古風な椅子

・ファーストフードなどの回転率上げたい店などにある一人用の椅子

・居酒屋などのカウンターにある椅子

などなど。

 

その他にもクッションはついているが、そのクッションが薄い椅子でも

同じような状況になります。

 

ですので、座る際にソファの席を選ぶとか少し工夫が必要ですね。

その他、畳に直接座りなども痛いです。

 

友人とかの家でしたら、「クッション貸して~!」と言えば良いですが、

少しあらたまった場所だとそうもいかず、困ったことになることもあります。

 

あと、致命的なのが(湯船に座っても痛い!)です。

 

これも原理的には木の椅子と同じですが、

なんらかのクッションを下に置かないと落ち着いてお湯にもつかれません。

 

これは日本人としていかがなものかなと思いますね!

 

 

 

普段と違う食生活をすると体重などの数値が気になる

 

 

これは、非常に気になるようになります。

 

ちょっと居酒屋に行く程度なら良いのですが、数日間旅行に行くなどの環境になると、

 

(体重・BMI・体脂肪率どうなのよ?)

 

と、かなり気になります。

 

といっても体重計が無ければ、測ることも出来ないので諦めれば良いのですが、

たまたまそれがあった際にはつい測ってしまいます。。。

 

『そういうときぐらい、数値は忘れて楽しめばいいじゃない!』

 

と思われるかも知れませんが、毎日記録しているとなかなかそうもいかないんですね。

 

ただし、この部分については、考え方の切替が上手な人は問題ないと思います。

 

実際に、2・3日で体重増えた減ったと騒いでもまだ脂肪になっているわけではなく、

飲食したものの重さですからね。

 

それを理解して、数値に対してい一喜一憂しなければいいだけの話ですね。

 

といってもそれが難しいんですけどね。

 

 

 

標準体重より極端に減らした場合、食べ物選びが大変

 

 

ダイエットする際には、スタート時点がひとによってまちまちかと思います。

 

1 標準体重より重い状態からのスタート

2 標準体重以下からのスタート

3 標準体重からのスタート

 

私の場合は、1のパターンでした。

 

当時は身重174センチで、69キロぐらいあり、現在は、52キロ前後です。

 

ちなみに標準は66.6kgのようです。以下のサイトで計算出来ます。
標準体重計算

 

 

 

例えば、どのパターンからも5キロ痩せると考えた場合、

1か3のパターンの場合は、減った体重が標準に近いか、それ以上のどちらかなので、

問題ないですが、2のパターン及び、標準からかなり乖離した減少となった場合、

通常の食事をしていると、すぐに体重が増えていきます。

 

これはおそらくホメオスタシスのせいではないかと考えられます。

 

ホメオタシスとはwikipediaによると、

’’恒常性(こうじょうせい)ないしはホメオスタシスとは、

生物および鉱物において、その内部環境を一定の状態に保ちつづけようとする

傾向のことである。”

とのことです。

 

 

 

体が、

 

『健康を保つためには最低コレぐらいの体重は必要だよ!

なので、もっと体重増やそうぜ!』

 

となっている状態なのかも知れません。本当に笑っちゃうぐらいすぐに増えます。

 

その為、何を食べるか選ぶことに少し時間がかかってしまいます。

 

似たような食べ物をルーチン化すれば良いということはわかっているのですが、

それでもやはりいろいろ食べたいですからね。

 

ただ、上記でも触れたように、標準からの乖離が大きくなければ、

そこまで気にする必要はない部分ですね。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

ダイエットに成功してもある程度の悩みというのは出てくるということが、

ご理解いただけたかと思います。

 

 

 

ただし、最初からそういうことを理解した上で始めれば、実際にそうなった時に、

慌てることも無いと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

最後に声を大にして言いたいことは、

 

ダイエットはメリットのほうがかなり多い!!

 

ということです。

 

頑張っていきましょう!

 

関連記事
ダイエットに成功して気づいたこと!(メリット編)