[dblog-rsp-text-pic2]


【LINE】に登録していただくと
記事更新の際に通知が届きます!
友だち追加






こんにちは!

 

今回は、

 

【停滞期を回避するには?週に一度のチートデイを有効活用しよう!】

 

ということについて書いていきます。

 

 

 

あなたはダイエット中に停滞期を体験されたことはありますか?

 

 

停滞期は体重が全然減らず、どうなっているの??とその時は思ってしまいますよね。

 

停滞期を回避する方法は色々あるとは思いますが、今回は、

 

【チートデイ】

 

というものを活用してみることにします!

 

 

 

今回の内容をお読みいただく事により、

チートデイを活用した停滞期回避方法が理解できる

ようになります。

 

それではこれから【チートデイ】とはどういうものかを見ていきましょう。

 

 

 

 

 


 

 

[dblog-rsp-midashi-st]

チートデイの活用方法! 解説動画

 

 

 

 

チートデイとは?

 

停滞期はダイエットをしているとかなりの確率で発生します。

 

これは体の( 恒常性 )というものが原因で、急激に体重が減ると

体が、『今は飢餓状態だぞ!要注意!』という状態になってしまい、

脂肪を燃焼させないようなモードになってしまうためなんですね。

関連記事:ダイエット挫折回避!停滞期を乗り越えよう!方法は?

 

 

経験的には、とくにそのような状態になっても同じ生活を続けていると

また体重は減り始めてくるものなのですが、体重が減らないとモチベーション的には

下がってしまいますよね。

 

 

 

そこで、【チートデイ】の出番です!

 

チートデイのcheatとは英語で【騙す】という意味なんですね。

 

そしてチートデイとは、

 

【体をだましちゃう日】

 

 

ということになります。

 

 

 

何を騙すのかと言いますと、

 

【私は飢餓状態じゃないんだよ~、大丈夫だよ~】

 

というふうに飢餓ではないことを体にアピールするわけですね。

 

このチートデイを行うと体が、

 

『あ、今は飢餓状態ではないのね、了解!省エネモード解除します!』

 

 

ということで体重がまた落ちていくわけです。

 

 


 

 

チートデイの活用方法

 

では、実際何をするのかといいますとこれがすごいことに、

 

【週に一度程度、1日で通常の3倍程度のカロリーを摂取する!】

 

という何とも信じられないやり方なんですね。

 

 

例えば通常1500kcalを摂取している人であれば、4500kcalを摂取することに

なります。

 

なかなかゴツいやり方ですよね!

 

 

 

『1日に3倍も摂取できるの?』

 

と思われるかも知れませんが、3食ちゃんと沢山食べれば余裕で可能です(笑)。

 

焼肉でもインドカレーのナンを食べ放題でも、どこでも行っちゃってください!

 

 

 

友人知人とお出かけする予定があるようでしたらその日をチートデイに設定すると

効率良いですね!

 

 

ただし、注意点がいくつかあります。

 

・調子にのって2日3日とか続けるとただ体重が増えるだけになる

・通常よりちょっと量を増やすなどの中途半端な事をしない

・実践してみて、しばらくしても停滞期が継続するようなら

体重が減らないことが停滞期ではなく、別な原因があるかもしれないので、

一旦チートデイは中止したほうがよい

 

このような感じですね。

 

 

 

チートデイは有効活用すれば停滞期も抜けることができ、

通常、食べるものを減らしていたり食べたいものを食べれなかったりしている場合には

その際にがっつり食べることにより、ストレスも軽減されるというメリットもあるので、

ぜひ有効活用してみてくださいね!

 

 


 

 

[dblog-rsp-midashi-last]

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

チートデイの内容と活用方法がご理解いただけましたでしょうか?

 

 

 

チートデイは、うまく活用すれば毎週一度お楽しみデイか来る感じなので、

その日を目標に日々頑張れるのでとてもオススメです!

 

 

 

ただし、チートデイは諸刃の剣とも言えるため、実行する際には

自分の性格も考慮した上で行ってくださいね。

 

『昨日の満足感を今日も味わいたいな・・・』

 

などのように次の日も思ってしまうようでしたらかなり危険ですので、

次回以降の実行は控えておいたほうが良いかもしれませんね。

 

 

 

今回の記事がお役に立てれば幸いです。

 


[dblog-rsp-text-pic2]