こんにちは!朝比奈です。

 

今回は、

 

【ダイエットはスーパーポジティブ思考で成功できる?その理由とは?】

 

ということについて書いていきます。

 

 

 

あなたはポジティブ思考なほうですか?それともネガティブ?

 

 

 

ダイエットは実はポジティブ思考のほうが成功しやすいのです!

 

 

今回の内容をお読みいただくことで、

ポジティブ思考 → ストレス減る → 食に走らない

結果、痩せやすくなる

という流れが理解できるようになります。

 

それではこれから見ていきましょう。

 

 

 

 

 

 

ダイエットはスーパーポジティブ思考で成功できる! 解説動画

 

 

 

 

ポジティブ思考のほうが成功しやすい?

 

ダイエットを成功させるには、

 

1 体の状態

2 心の状態

3 発する言葉

 

の3つが重要であると私は考えています。

 

このうちのどれが欠けてもダイエットの成功は難しくなるでしょう。

 

 

 

1の体の状態とは、ダイエットではよく語られる食事制限や運動、

このあたりの部分を指しますので今回は割愛します。

 

2と3の【心の状態 発する言葉】、この2つが今回関係してくる部分です。

 

 

 

では本題に入ります。

 

ネガティブな思考ですと、ポジティブな思考である場合と比較して、

怒りやストレスが多いはずです。

 

 

 

そうなると、

食べることに走ってしまう、そしてダイエット失敗・・・

となる可能性が高くなってしまいますね。

 

そのため結論としましては、

 

『なるべくポジティブな考え方をしましょう!!』

 

という事です。

 

 

 

どのような部分でポジティブ思考を使うのか?

 

 

ではどのような部分の思考をポジティブにすれば良いかという事について

例を挙げてみましょう。

 

 

 

言ったこと決めたことが出来ない自分を責める

 

全くできなかったのではなく、10%でも出来たら良いと考えるようにする。

宣言もしないし、何も決めることもせず行動しないことに比べたら自分はすごい!

と思うようにする。

 

 

 

こんな自分(太っている状態)に誰も好意をもたないのではないだろうか?

 

日本には1億人も人がいて、世界には70億人も人がいるので、

好意を持たれない可能性のほうが低い!大丈夫!

エクアドルの人があなたに好意を持つかもしれませんよ!

 

 

『1億人の中であかちゃんや子供のカウントするのか?』

→そんな小さいこと言っちゃノンノン!

 

 

 

自分が好きではない

 

自分が好きではないことは構わないが、それを口外する人が

時々いる。

 

それを聞いた人は、はっきり言って何も答えられない。

『いやいや、君にもいいところがいっぱいあるよ!』とでも言ってほしいのだろうか?

このような展開はだれも幸せにならないので、そう思っていたとしても口には

出さないほうがよい。

 

話すとすれば、

『私は自分のことが大好きだぜ!だらしないところもしっかりしたところも含め!

君はどうかね??』

 

 

ぐらいのノリでいこう。

 

 

 

自分に自信が無い

 

これは上記の『自分が好きではない』と同様、

他人にそのことを伝えてもなんにもならない。

 

なので、まずそういう発言をすることをやめる。

 

では、自分がどうやったら自信がある状態になるのか?

 

それが具体的にわかっているのならそれを淡々と目指せば良いし、その過程で

自信があるも何も判定することに意味はない。

 

自信がある状態というのが何かわからないのであれば、無理やり以下のように

発言して歩けば良い.

 

『私は自信満々だよ!今までも、そしてこれからも!』

 

『何に対して自信があるのさ?』ともし問われたら、

これからの人生を生き抜いていく自信がある!生き抜いていくための

ひとつひとつのスキルに自信がなかったとしても

結果として生き抜ければ良いのでその根本のところに自信を持っているのであ~~る。

それが何か?

ぐらいの返しをすればよい(笑)

 

 

 

完璧にしないと気がすまない

 

完璧に事を成すことができればそれが一番だが、果たして全て完璧に

できるものだろうか?自分が今まで生きてきて完璧に出来た事と出来なかった事、

割合はどの程度だろうか?

 

9:1 なんて人がいたらそれはそれで素晴らしいがそんな人は稀だろう。

 

そして、今後死ぬまでこの割合が10:0になる可能性は低い。

 

それを踏まえても完璧にする必要というのはあるのだろうか?

完璧主義は時に他人にもそれを求める。

 

そうではない考えを持つ人にはいい迷惑である。

 

もちろん状況にもよる。仕事の場合は完璧にしないといけないことも多々あるだろうが、

プライベートならそこまで完璧する必要もないだろう。

 

上記をすべて踏まえた上で出来る考えとしては、

『私は完璧主義!完璧を求める!でも出来なくても構わない。

全てがうまくいくわけではないことは理解している。でもやるべきことは

一生懸命やる。以上!!』

この程度の考えで良い。特にダイエットに完璧を求めたら挫折の

オンパレードになってしまうだろう

 

 

 

何か良くないことが起きた時の対応

 

単純によくある例だが、電車がちょうど発車するかどうかというときに、

駆け込んだが間に合わずドアが【プシュ~~ッ!】。

 

 

だれでも経験あるだろう。

 

ネガティブな人はそこで

 

『なんで間に合わないんだよ!』

 

と意味不明な怒りを覚える。(自分が到着するのが遅いだけ)

 

ポジティブな人は、

『きっとこの電車に乗っていたら乗客トラブルに巻き込まれていたのかも!

乗れなくて良かった!小田急線よく乗客トラブルあるし!』

という考えをするだろう。

 

そのように起こった事に対して、ストレス・怒りを覚えるかどうかは

考え方次第である。

 

 

 

継続力がない

 

よくこのように言う人がいるが、大丈夫。

 

今まで生きるということを継続できている!

 

また、『ダイエットが成功しない』ということも継続できている!(笑)

 

だれの発言か忘れたが、万年禁煙チャレンジャーのセリフで、

『禁煙?ハハハ!おれは何度も成功しているぜ?!』

 

 

というのがあるが、それぐらいポジティブで行こう!

 

 

 

自分を褒める習慣が無い

 

なにかあれば、自分を褒めよう。

 

それも頭で考えるだけではなく、口に出して。

 

大したことでなくてもそうしよう。

 

頭の中で『私、すげー!!』というより、口に出したほうが実感がでる。

 

ちょっとおバカさんな人みたいだがやってみるとよい。

 

なんなら、身体で表現しても良い。ガッツポーズしたり、大の字ジャンプしてもよい

 

 

頭で褒めて、身体で表現しながら口に出して褒めれば最強である。

その状態を人に見られると最悪である(笑)

 

 

 

ついでに人も褒める

 

自分褒め褒めモードになったついでに他人も褒めてみる。

 

どんな年を重ねた人でも褒められるとうれしい。

何とも言えないにや~っとした顔をする。

きっと【承認欲求】が満たされるからだろう。

 

ネガティブな思考だと人を褒める余裕など持ちにくい。

 

人を頻繁に褒めることができるというだけで、

 

『この人は自分を認めることもでき、他人の良いところも探すことが出来る

心に余裕のある人なんだな!』

 

と思われる事だろう。

 

 

 

うまくいったことリストを作る

 

失敗した時は反省して、同じ事を繰り返さないためには以後どうすればよいか?

と考える人は多いが、成功したことを分析する人は少ない。

 

なので、今後はうまくいったことをリスト化していくとよい。なんなら、

うまくいったことだけ書いていくとよい。失敗については書かない。

 

そうするとそれを見れば、『私は結構出来る子じゃないか。』

と思うことも出来るだろう。

 

 

 

太いとみっともない

 

大丈夫。誰もあなたを見ていないし、見る暇など無い。

みんな忙しい。

 

 

あなたは、一日にどの程度の頻度で他の人の体のラインがどうとかを

考えたり見たりしているだろうか?ほとんどそんなこと考えていないはず。

 

同様にあなたについても誰も見ていないのでその考えは杞憂である。

 

 

 

それがわかれば、自分が太いかどうかを他人が見ているかを気にすることが

いかに時間の無駄であるかがわかる。

 

『誰も見ていないなら、自分のやりたいペースで自分が良いと思う方法に

取り組もう!』

 

というお気楽な考えで良いのである。

 

 

 

以上、思いつくものを挙げてみました!

 

これらの事を、

 

『こんなんでダイエット成功したら苦労しないよ!』

 

と感じるでしょうか?

 

 

 

ただ、今までと同じ思考をしていても同じ結果が繰り返されるだけです。

 

ここいらで一つ、別の考えを持って行動してみるというのも有りだと思いますよ。

 

 

 

とりあえず、ポジティブ思考を3週間でも続けてみるとよいでしょう。

 

それでダイエットに良い影響を与えるようでしたらそれで良いですし、

何も変わらないとしてもきっと気持ち的にネガティブ時よりは心地よいはずです。

 

 

 

しょっちゅうプンプンしていてもプンプン太りするだけです。(今、命名)

 

怒り→ストレス→やけ食い→太 この流れの根本を断ってあなたのダイエットを

ぜひ成功させてくださいね。

 

 

 

あと、ちなみにですが泣けるものを見たりしたときに出る涙には、

【ATCH】という物質が含まれており、これが体外へ出るとストレスが減るらしいです。

 

ですので、時間があれば映画とか見て意図的に泣いてみるのも

良いかもしれませんね。

 

私は以前はよく『泣ける話ちゃんねる』などをネットで見ていましたが、

最近は泣けるものがあまり無いので見る頻度が減りました(笑)。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

ポジティブ思考の例と、ポジティブの方が結果的にダイエットで成功しやすい

理由が理解できましたでしょうか。

 

 

 

結局は考え方がストレス・怒りを生み、それがどか食いにつながっていることが

多いんですよね。

 

であるならば、最後のはけ口になっている食をどうにかするより、

入り口の思考自体を変えるほうが効率が良いと思います。

 

 

 

食事の部分だけをどうにかしようというのは、例えば自分の指に針が刺さっていて、

『イテテテテ!』となっているにもかかわらず、一生懸命消毒液を塗っているような

ものです。

 

『針を抜けば??』と思いますよね?

 

でもこのように根本原因をどうにかせずに、表面だけ取り繕っているという状態は

多いものなのです。

 

 

 

今回の内容はダイエットについてだけではなく、他のことにも応用できることだと

思いますので、ぜひ活用してみてくださいね!!

 

 

 

今回の記事がお役に立てれば幸いです。

関連記事

新しい事を始めると食欲やストレス対策として有効な理由とは?

糖質制限で花粉症が改善する?ストレス減でダイエット停滞を回避!