こんにちは!

 

今回は、

 

【甘いものがやめられない!痩せない原因は(砂糖依存症)にある可能性が?】

 

ということについて書いていきます。

 

 

 

あなたは甘いものがお好きですか?

 

 

甘いものは摂取すると幸福感があって非常に良いのですが、

もし甘いものを常に摂取しないといらいらしたり、

落ち着かない、などのような状態に陥ることがあるようでしたら、

それはもしかしたら【砂糖依存症】かもしれません。

 

このような症状ががあると、常に砂糖を欲し、そのせいで大量の糖質を摂取することに

より痩せにくいという状態になってしまう可能性があります。

 

 

 

今回の内容をお読みいただくことで、

自分が砂糖依存課であるかを判断し、もし依存症であると思われるなら対策を実行

することによってダイエットが失敗することを避けられる

ようになります。

 

 

 

それではこれから砂糖依存症について見ていきましょう。

 

 

 

 

 

 

砂糖依存症とは? 解説動画

 

 

 

 

砂糖依存症とは?

 

砂糖依存症とは、その文字通り砂糖が摂取できないと体にいろいろな症状が

出てしまうことなんですね。

 

 

これは誰でもがなりうる症状であり、非常に注意が必要です。

 

 

 

特に甘い食べ物や飲み物をよく摂取する人がこの症状になる可能性が高いです。

 

食べ物だけではなく、飲み物も該当するという点に注意して下さい。。

 

 

 

砂糖を摂取しない場合に以下のような症状が出る場合には要注意です。
・いらいらする

・物事に集中できない

・眠くなる

・頭の中でずっと甘いものを摂取することを考えてしまう

 

さらに、砂糖を摂取すると上記の4つの症状がすぐに落ち着くという状況で

あれば決定的ですね。

 

 

 

対処方法は?

 

では、もし自分が砂糖依存症だな・・・と思われる場合はどのような対処をすると

良いでしょうか。

 

 

 

それはずばり、しばらく甘いものを摂取しないということです。

 

当たり前すぎますかね?

 

 

 

実際に甘いものを断ってみるとわかりますが、1日2日は非常に甘いものが

欲しくなりますが、ある時を堺に特に欲しくなくなってきます。

 

それがいつになるのかは人によって違いますが、そのように理解しておけば、

まず甘いものをやめることを試してみるきっかけになるのではないでしょうか。

 

 

 

私が提案するのは、ちょっと危険な方法ではありますが、甘いものを

摂取したくなったら、糖質の少ない他の何かを摂取するという方法です。.

 

例えば、ナッツなどですね。その際にカロリーは気にしないで良いです。

 

まずは砂糖依存症から抜けることを目的としてください。

 

 

デザートなどを食べたくなっても、糖質がかなり少ないもの、もしくは糖質ゼロのものを

摂取するようにしてください。

 

私がオススメするのはこちらです。

 

 

このようなものでしのいでいただき、なんとか症状から抜け出してください。

 

こちらはコンビニに売っています。糖質は0gとなります。

 

 

 

ある時に、甘いものがほしくない事に気づくのでそうなったら成功です。

 

今後もなるべくは甘いものを避けるようにしていってください。

 

ただし、いつまでもそれを続けるのも辛いので方法としては、

1 ダイエットが終了するまで

2 砂糖不使用のものを作ったり買ったりする

このようなものがあります。

 

ただ、1の方法はリバウンドの可能性があるので、私としては2をオススメしますね。

 

 

私も以前、明らかに依存症のような症状になっていました。

 

私の場合は甘い食べものでなく、缶コーヒーでした。

 

多いときには1日に5本ぐらい飲んでいました。

 

 

今考えるとゾッとします。

 

その際にはコーヒー自体は飲みたいので徐々にブラックに変えることにより、

症状から抜け出ることができました。

 

 

 

砂糖依存症だと、糖質過多になることは間違いなく、それが原因で全く

体重が減らないということになってしまいますので、自分が該当すると思われる

場合は、早めに対処するようにしてください。

 

正直言いまして、食事を減らすという事以前に、

にこの部分を改善する方が先です。

 

自分が●●依存症である、ということは精神的にも良くないですし、ダイエットのみならず、

長期的に見て健康にも悪影響があります。

 

特に糖尿病の発症が懸念されます。

 

ぜひうまく症状を抜け出し、ダイエットを更に前進させるようにしてくださいね!

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

砂糖依存症についてご理解いただけましたでしょうか。

 

『私は大丈夫!』

 

と思っていてもいざ1日全く甘いものを摂らない場合に本当に耐えられるか

まずは試してみてください。

 

それで耐えられるようでしたらおそらく問題ないですが、頭の中で甘いもの飲みたい欲が

ぐるぐるするようでしたら早急に対処するようにしてくださいね!

 

 

また、本文では触れませんでしたが、砂糖依存症ではなく、

【糖質依存症】

という症状もあります。

 

これは原理は同じで、特に甘くないものでも糖質を含んでいるもの(米・パン・麺など)

を摂取しないと、砂糖依存症のような症状になってしまうということですね。

 

 

 

調査したわけではありませんが、毎食白米を食べている人はかなりの確率で

この状態に陥っている可能性があります。

 

この場合も同様に痩せにくくなる上に、糖尿病へようこそ♪ということにも

なりかねませんので、合わせてこちらも注意していただくことをオススメします。

 

 

 

今回の記事がお役に立てれば幸いです。

関連記事:

カロリー計算不要な簡単な食事制限方法!糖質制限ダイエットとは?

ダイエット中でも甘いものを摂りたい?ラカントsを活用しよう!