[dblog-rsp-text-pic2]


【LINE】に登録していただくと
記事更新の際に通知が届きます!
友だち追加






こんにちは!

 

今回は、

 

【具体的な数値目標と期間設定で食べ過ぎ後の体重調節を簡単にしよう!】

 

ということについて書いていきます。

 

 

 

あなたは、つい食べすぎてしまった場合、翌日からどのように体重を調節していますか?

 

 

『よし、翌日は食べるものを少し減らそう!』

『数日かけて調節していかばいいかな・・・』

 

このような考えをすることが多いのではないでしょうか?

 

 

 

この方法が有効では無いとはいいませんが、もう少しカロリーと期間を具体的に考えると

より調節がしやすくなります。

 

具体的にはどういうことでしょうか?

 

 

 

それをれから見ていくことにしましょう。

 

 

 

 


 

 

[dblog-rsp-midashi-st]

数値目標と期間設定で体重調節は簡単になる! 解説動画

 

 

 

 

体重調節時の【減らす程度・期間】を具体的にする

 

 

 

それではまずはどのように調節するかを考えてみましょう。

 

 

 

冒頭でもお話しましたとおり、食べ過ぎ後の体重調節を、

 

『次の日食べ物を減らす・数日掛けて食べ過ぎ前の状態に戻す』

 

というようなやり方をすると、曖昧すぎてきちんとその調節が達成されたのかどうかが

わからなくなってしまう恐れがあります。

 

それを避けるためには以下の方法を使ってみると良いでしょう。

 

 

 

1日か数日か、どちらにしてもどの程度減らすのかを具体的にする

 

どの程度というのは

【どれぐらいの体重(もしくはカロリー)】

という事を指します。

 

まずは、それを意識しましょう。

 

『明日は通常より500kcal減らそう』

『数日で3キロ減らそう』

 

このような感じですね。

 

この数字を意識することが出来ればまず曖昧さが一つ取り除かれましたね。

 

カロリーが痩せる全てというわけではありませんが、何らかの数値を用いて

計画を立てたほうがより具体的に実行できるので今回はそのようにしています。

 

 


 

 

体重調節期間を一週間単位で考えるようにしてみる

 

 

『前日は食べすぎたので、今日は1食だけで済まそうかな・・・』

 

このように考える方もおいらっしゃるかも知れませんが

このやり方はあまり現実的ではありません。

 

1日1食や2食に慣れている方は問題ないと思いますが、

1日3食食べる方はこのようなやり方をするとお腹が空きまくって爆食いしてしまう

ことになりかねません。

 

 

『今日食べ過ぎた。4000kcal摂取! → よし明日は600kcalにしよう!

→ 朝抜き 昼ご飯は食べる 夜抜き・・・の予定のはずが、

夜にコンビニに走って、めでたく2000kcalゲット!

本日、お昼の600kcalと夜の2000kcalで合計2600kcal!!』

 

これは誰でも経験したことがあると思われれるパターンです。

 

調節するはずが1日に決めた摂取量すらを上回ってしまうパターンですね。

 

『これなら最初から普通に3食食べていればよかった・・しょぼ~ん』

 

となるわけですね。

 

今回は( 次の日に調節 )で例を挙げましたが、

( 次の日以降数日で調節 )のパターンでも同じことが起こりうるでしょう。

 

 

 

そういう状態を避けるには最初から

 

【体重調節は1週間で行う!】

 

と決めておいたほうが楽だと思います。

 

 

 

たとえば1週間を、【金曜日~木曜日】と区切りにして、

その範囲で必ず調節するぞ!と決めるわけですね。

 

金曜日をスタートとしたのはおそらく想像は出来ると思いますが、

週末なので、飲食する機会が増える可能性が高いということを

考慮しているためです。

 

 

 

このやり方なら、週末に食べすぎたとしても、

 

『よし、木曜日までにもとに戻すぞ!そのためには、

月・火で500kcalずつ摂取を減らし、水曜以降は状況を見て、

控える量を決めよう』

 

などと具体的に考えることが出来るわけですね。

 

では、木曜日に食べすぎてしまったら??

 

その場合は、もう木曜日は最終日なので、調節はできませんので、

また金曜以降に考えましょう、という風に考えると良いと思います。

 

 

 

もう少し、ゆるくするのでしたら、

 

『毎週木曜日は60kgになっていればよしとしよう』

 

というような考え方でも良いです。

 

このほうが毎日体重計を見て、減らさなきゃ減らさなきゃと思うより

心理的負担も小さいと思いますので。

 

 

 

 

開始曜日については、人によって休日なども異なっていると思いますので、

ご自分に合った曜日をスタート日にしてみてください。

 

この方法をしばらく続けてみて、自分に合うようでしたら継続し、

もし、『もう少し短いスパンでもいいかな』と感じるようでしたら、

4日をワンセットとしてみるのも良いでしょう。

 

 


 

 

[dblog-rsp-midashi-last]

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

1週間単位で考える方法についてご理解いただけましたでしょうか。

 

 

 

つい食べすぎてしまうというのはいつでも起こりうることですよね。

 

『今日は控えるぞ!』

 

と心に誓っても出された料理が想像以上においしく、

この味を次にいつ食べることができるかわからない・・・などの条件が揃ってしまうと

つい食べすぎてしまうこともありますよね。

 

 

 

また、みんなでビュッフェに行くこともあるでしょう。

 

その際に一人だけ、( 一皿だけ食べて終了 )だとあまりにも悲しいですからね。

 

楽しむべき時は楽しんで、後は自分が決めた具体的な調節スケジュールに従って、

体重を調節していく、このようにすれば以前より気も楽になり、

調節自体も簡単になるのではないでしょうか。

 

ぜひ試してみてくださいね。

 

 

 

今回の記事がお役に立てれば幸いです。

 

関連記事:食事量を減らすコツは残さず食べるをやめる事!その方法は?


[dblog-rsp-text-pic2]