【LINE】に登録していただくと
記事更新の際に通知が届きます!
友だち追加






 

こんにちは!朝比奈です。

 

今回は、

 

【糖質制限はダイエットに有効だがやりすぎるとどか食いの恐れがある?】

 

ということについて書いていきます。

 

 

 

あなたは糖質制限を実践していますか?

 

糖質制限はダイエット効果が高く、すぐに結果が出やすいため続けていて

楽しいものですよね。

 

このブログでも糖質制限はとても推しています!

 

ただ、あまりにも完全に糖質抜きをやりすぎると低血糖になってしまい、

その影響の一つとして【判断力】が鈍ってしまい、普段はまず行わないどか食いなどを

してしまう可能性があるのです!

 

 

 

 

せっかく毎日糖質制限してもこれではあまりにも残念ですよね!

 

ということで今回は、低血糖のダイエットへの影響とその対策を

見ていくことにします。

 

現在糖質制限をされていないという場合も今後実践する可能性も

あると思いますので読んでおいていただくと良いかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

糖質制限はやりすぎるとどか食いの恐れがある? 解説動画

 

 

 

 

低血糖がダイエットに与える影響とは?

 

糖質制限は、【血糖値を上げないようにしましょう!】このような事が基本の考えとして

あるのですが、それを意識しすぎて全く糖質を摂らないと【低血糖】になってしまう

可能性があります。

 

例えば【肉ばかり食べる】などですね。

 

 

完全に糖質を食事や飲み物から断ったつもりでも、実際には少量の糖質は

知らず知らずの内に摂取している可能性が高いので、そこまで低血糖の心配を

する必要は無いとは思うのですが、低血糖になってしまう可能性は多少はありますので

知識としては理解しておくと良いでしょう。

 

 

 

低血糖になってしまうとダイエット的に一番影響がでてしまうのが、冒頭でも書きました

【判断力の低下】です。

 

この判断力が低下することにより、通常ではきちんと出来る判断がうまくできなくなる

可能性が高まってしまうのです。

 

 

食事をする際にこの判断力が鈍るとどうなるか・・・想像つきますよね?

 

 

 

『もう糖質も何も関係ないわ~~!食べたい物食べてやる!』

 

このようになってしまう可能性があります。

 

そうすると、どか食い→太る→自己嫌悪→ストレス溜まる→どか食い・・・

という負の連鎖が始まってしまうことになるのです。

 

ですので、この低血糖になってしまうことは必ず避けるようにしましょう。

 

 

 

 

低血糖の症状とは?

 

低血糖について話をどんどん進めてしまいましたが、低血糖についてここで少し説明しますね。

 

低血糖は血糖値が【70mg/dl】以下になった場合の状態を指します。

 

指します!と言われてもどうやって把握するんだ? 』という疑問が出てくると思いますが、

これは血糖値を測る機器があるので、それを使って測定することが出来ます。

 

糖尿病の方などがよく使っているものですね。

 

と言いましても一般的に売られているものですので、

糖尿病では無い方も購入することは出来ます。

 

参考:メディセーフフィット 血糖測定セット

 

このようなものですね。種類は色々あるようです。

 

がっつり糖質制限したい!!という方は買ってみても良いかもしれませんね。

 

 

 

話を戻します。

 

血糖値が【70mg/dl】以下になると判断力が低下するのと共に以下のような症状も

出てきます。

 

 

画像引用元:国立国際医療センター研究所 糖尿病情報センター

 

段階的には、汗をかく、手の震え、不安感などから始まり、ひどくなると、

集中力の低下、意識が無くなるのような症状が出るようです。

 

かなり低血糖な状態になってくるとダイエットがどうこうという問題ではなく、

命の危険さえあるのです。

 

 

 

低血糖にならないようにするためには?

 

低血糖にならないためには適度な糖質を摂る必要があります。

 

ただし先程も書きましたが、自分が完全に糖質抜きをしているつもりでも、

無意識にどこかで糖質を摂っている可能性が高いので、そこまで低血糖について

神経質になる必要は無いと思います。

 

 

 

もし【適度な糖質】の量がわからない場合は、糖質制限関連の本を多数執筆されている

高雄病院理事長の江部医師の糖質摂取基準を参考にすると良いと思います。

 

※以下の3つの方法の「g」部分は糖質量です。

スーパー糖質制限 1食あたり20gまで、1日60gまではok 3食とも主食は抜く

スタンダード糖質制限 1日100g程度まではok 1食だけは主食を食べて良い

プチ糖質制限 1日140g程度までok 1食は主食を抜く

 

これらを参考にして、ご自分が摂るべき量を決めるとよいでしょう。

 

 

 

少々荒っぽいやり方ですが、スーパー糖質制限をいきなり実践してみて、低血糖の

症状がでないのであれば、その方法で続けていただいても特に問題ないと思います。

 

もし何らかの症状が出るのであれば、スタンダードに変えてみる→プチに変えてみる

などの段階を経ても良いかもしれません。

 

 

 

ご自分の体に無理がないものを選択して糖質制限ダイエットに励んでくださいね!

 

 

 

 

まとめ

 

如何でしたでしょうか?

 

過剰な糖質制限 → 低血糖 → 判断力の低下 →どか食いの恐れ

という流れがご理解いただけましたでしょうか?

 

糖質制限を実践しているのであれば低血糖についてはぜひ知っておくべきでしょう。

 

 

 

低血糖は様々な症状を引き起こしてしまうので非常に注意が必要です。

 

車を運転している途中で極度の低血糖になり、意識を失う・・・なんてことになってしまうと、

ダイエットどころではありませんので、症状が出るような状態にならないように

注意するようにしてくださいね。

 

 

 

今回の記事がお役に立てれば幸いです。

関連記事:カロリー計算不要な簡単な食事制限方法!糖質制限ダイエットとは?