こんにちは!

 

今回は、

 

【空腹、もしくは何か食べたい!そんな時は(走る)だけで解決するかも?】

 

ということについて書いていきます。

 

 

 

あなたは、空腹だなと感じた時、何か食べたいと感じた時、どういう行動をとりますか?

 

 

1 すぐ何か食べる(飲む)

2 カロリーを気にしつつも何か食べる(飲む)

3 我慢して食べない

 

通常はこのような行動を取ることが多いのではないでしょうか。

 

ダイエットの観点からすると 3 > 2 > 1 の順序のほうがいいことは

だれが見てもわかりますね。

 

ただ、ここに新たに【走ってみる】という選択肢があると、もしかしたら

食べなくて済むようになるかもしれません。

 

そうすると選択肢3番の(我慢して食べない)とはちょっと違う、

(我慢しているわけではないが食べたくない)という素敵な状態を作ることができる

可能性があります。

 

そうすれば、最もいい選択になりますよね?

 

 

 

どういう理由で走るとそのような状態が作り出せるのでしょうか?

 

それをこれから見ていきましょう。

 

 

 

 

 


心理痩せで痩せ習慣を身につける!
禁止・命令ではないダイエットサービス
話すだけで痩せる?本当?!

 

何か食べたくなったら?【走る】だけで解決する! 解説動画

 

 

 

 

走ると空腹感、食欲が減少する?

 

あなたももしかしたら体験したことがあるかもしれませんが、

 

【空腹である時、もしくは何か食べたいと考えている時、走るとその考えが消える】

 

このような事が実は起きるのですね。

 

 

『2分間走りました』などの短い時間ではなく、できれば20分ぐらい

走ってみることをオススメします。

 

 

 

走るとかなりの確率で空腹感が消えます。空腹感よりも『何か食べたい』という

空腹なのか、ただ頭でそう思っているだけかわからない中途半端な

状態に対してはより効果があります。

 

 

 

それはなぜなのでしょうか。

 

論理的にこうである、という理由付けは出来ないのですが、

体験的には以下のような事が考えられます。

 

・走っている事により、頭がすっきりし、いい意味で頭が真っ白になり

その影響からか食べたいという欲まで無くなる

 

体は暇な場合に空腹感を感じたり、無駄に食欲が湧いてきたりする

例えばとても仕事が忙しく、納期がやばい!となってきた時に、

『なんとなくお腹すいたなぁ~』などというふうにはあまりならない。

ということで頭が非常に忙しい時、もしくは体が忙しい時(走っているときなど)は

空腹センサーや食欲はお休みしているのではないかと考えられる

 

・景色を見たり風を感じたりすることにより心地よくなり、

ストレスが軽減し、その影響からか無駄な食欲が失せる

 

・『今自分は体に対して健康的な事をやっているぞ!』という満足感で、

心地よくなり、上の例と同じように食欲が失せる

・『今とても心地いいなぁ~』という感覚と『今とても空腹だなぁ』が

同時に起きない気がする。(多幸感がある時って空腹感じないですよね?)

 

 

 

感覚的なもので申し訳ないのですが、このようなことが考えられます。

 

ポイントは【頭が真っ白状態】【心地良いと思う状態】、

この2つの状態が発生することですね。

 

走り終えて帰ってくると、

 

『おお、全く何も食べたくない!なんだったんだあの空腹感は!』

 

という状態になることが多いはずです。

 

 

 

もし、走り終えて帰ってきてもやはりお腹が空いているように感じるときには、

食べてしまってかまわないと思います。

 

ただ、そこでポイントがあります。

 

・走る前に感じていた空腹感(食欲)と今の空腹感は同じかどうか確認する

 

ということです。

 

 

 

走る前は『なんとなく食べたい』という感覚だったものが、走り終えた後は、

『アレが食べたい!コレが食べたい!』

と具体的に感じる事があります。その場合にはその欲するものを食べると良いでしょう。

 

そしてこれも経験的にですが、走った後に変な加工食品やスナック菓子などを

食べようとはなぜか思いません。

 

フルーツとか魚とかすごくシンプルで健康的なものしか食べる気が起きません。

 

これは人によって差はあると思いますが、そういう傾向はだれにでも

あるとは思います。

 

ただし、ビールとかもなぜか無駄に飲みたくなることもありますが、

せっかく走ったのにそういう物を摂取するのはなるべく避けましょう(笑)

 

 

 

走るということだけに焦点を当てて来ましたが、体の関係で走れないという場合も

あるかもしれません。

 

その場合には歩くことでも同様な状態になることは出来ますが、

【早足で、30分ぐらい歩く】

ということを行ったほうが良いと思います。

 

ゆっくり歩くとあの走った時のような良い状態にはなりにくく、時間が短くても

同様です。

 

このあたりはご自分で試してみて、どれぐらいの時間が適当だな、という感覚を

掴んでいただければいいと思います。

 

 

 

また、空腹状態で走ったりすることは脂肪を燃焼し易い状態になっているため、

よりダイエット効果が高まります。

 

さらに脂肪燃焼効果が高い方法は、

10分歩く → 20分走る → 10分歩く

この状態であると言われています。

 

ただし、実際には脈拍も関係してくるので、そこまで計るのは面倒ですので、

ひとつの考えとして持っておき、時間があれば実行してみるという程度の考えで

良いでしょう。

 

 

 

ですので、理想としては

 

【空腹状態で走り、脂肪を燃焼させ、

さらにその後食べないことによりダイエット効果UP!】

 

という状態ですね。

 

 

 

この【走ること】が実践できれば、空腹(もしくは食欲が発生した時)の対処の選択肢が

一つ増えることになるで、有効に活用できればダイエットがより捗るでしょう。

 

 

 

『仕事中なので、走るなんて出来ないよ!』

というような場合はこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

関連記事:食事制限方法!空腹のしのぎ方をマスターすればダイエットは成功する

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

走ると空腹感が減少することがご理解いただけましたでしょうか。

 

 

 

時間さえあればすぐに出来ることですので、まずは実践してみることをオススメします。

 

そして、自分の場合はどのような状態になるのか?ということを検証してみて、

実際に効果があると実感できるようでしたらぜひ取り入れてみててくださいね。

 

 

 

ダイエット以外についてもそうですが、新たに知った内容で、

容易に取り組むことが出来ることをすぐに行う人は成功する可能性が高いです。

 

ぜひあなたもすぐに実行してみてダイエットが成功できる人になってくださいね!

 

 

 

今回の記事がお役に立てれば幸いです。