【LINE】に登録していただくと
記事更新の際に通知が届きます!
友だち追加






 

こんにちは!

 

朝比奈です。

 

今回は、

【ダイエットにはどちらが重要?(糖質量は少ないが添加物が多いorその逆のパターン)】

ということについて書いていきます。

 

あなたは食べ物や飲み物を摂取する際にこの点、迷ったことないですか?

 

もちろん【糖質が少なくて添加物なども少ないもの】を摂取することが

一番良いことであることはわかっていますが、自炊以外の場合ですと

この2つのうちのどちらかが多いパターンを選ぶ必要がある状況も多いかと思います。

 

この悩ましい部分をどう対処していけばよいのか考えてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

糖質が少なくて添加物が多いものの場合

 

『ダイエットには糖質制限がイチバン!!』

ということでゼロカロリーのものを無条件に飲んだり食べたりすることもあるかと思いますが、

カロリーゼロのものは結構えげつない量の添加物が入っていたりするものです。

 

コカコーラゼロやゼロ糖質のゼリーなどはその典型ですね。(おいしいですけど)

 

昨日、私がおいしいとオススメいました『ロカボ系食品』も

実は結構大量の添加物が入っています。

 

考え方が難しい部分ではありますが、確かに糖質を摂らないと痩せてきます。

 

が、よくわからない添加物を摂ったがために将来的に病気になってしまうかもしれません。

 

この部分は人それぞれだとは思いますが私はこう考えます。

 

『ダイエットをしている一定期間はたとえ添加物が体に毒だとわかっていても低糖質を優先する』

 

ダイエットはどこかの期間で一気に進めないと、なかなかうまくいくものではありません。

『1ヶ月に1kg痩せれば1年で12kg減!』

と考える方も多いかもしれませんがこれは実際には相当難しいことはご理解いただけると思います。

 

それなら添加物には目をつぶって低糖質にフォーカスして体重減を早めたほうが良いと考えます。

 

 

 

ではそのパターン(低糖質で添加物多い状態)を実行しないほうが良い場合というのはどのようなときでしょうか?

 

それはずばり、

『食べていて、飲んでいて体に違和感を感じるとき』

ですね。

 

このように感じる場合は体が明らかに拒否しているので、別のものを撮ったほうがいいですね。

 

そう感じないのであれば一定期間だけは添加物摂取に目をつぶることも一つのやり方だと思います。

 

 

 

 

糖質が多くて添加物が少ないものの場合

 

いくら添加物が少なくても、できれば糖質が多いのは避けたいところですよね。

 

ただし、しょうがない場合もあります。

 

たとえば外食ですと糖質があまりにも多いので避けることが難しいですよね。

 

このような場合は可能なかぎり添加物がゼロに近いものを選択するほうが良いですね。

 

外食ですと魚や肉などですね。

 

おそらくですが炒めものなどは結構な化学調味料が使われていると思うので、

肉、魚あたりにしておいたほうが無難だと思います。

 

 

 

一瞬低糖質で安心してしまいそうなのがハムやソーセージですね。

 

 

これらは添加物が相当やばいので食べないことをオススメします。

また、これも最初の項目と同じではありますが、

『体が違和感を感じるなら食べない』

ことを重要視したほうが良いですね。

 

 

 

 

まとめ

 

ざっくりでふわ~っとした内容ではありますが、この悩ましい問題にどう対処するか書いてみました。

 

外で食べると糖質だらけ、添加物だらけなので避けることは難しいですが、

自分なりの基準を持って対処することが最も大切だと思います。

 

 

 

ひとつ添加物の表記についての注意点をお伝えします。

 

よく商品の背面の原材料に添加物がずらっと並んでいるものを見ると思いますが、

添加物の種類の多さだけで買うものを決めないほうが良いと思います。

 

なぜなら、添加物が2種類しか書かれていないのに量的にはものすごい場合もありますし、

添加物がずらっと並んでいるが、各々は少量しか入っていないということも考えられるからです。

 

消費者側としてひとつひとつの添加物についての含有量を知ることは難しいと思うので、

こちらも非常に判断は難しいと思います。

 

この場合は食べてみて体の反応がどちらが違和感ないか試すしか無いですね。

 

このような感じで、今回のテーマは答えがなかなか見つけることが難しいですが、

自分なりの着地点を決めて日々励んでいくとよいですね。

 

今回の記事がお役に立てれば幸いです。