こんにちは! 朝比奈です。

 

今回は

 

【コーヒーがオススメ出来ない理由と危険性】

 

について、体験を交えて書いていきます。

 

 

 

あなたはコーヒーがお好きですか?

 

 

コーヒーはお好きな人多いですよね。

 

 

 

街中いたるところにカフェがあり、自販機にも大量にコーヒーが置かれていますね。

 

 

 

でも、このコーヒーがダイエット時にはあまりオススメ出来ないのです!

 

飲む量によっては危険なこともあります!

 

 

今回の内容を読んでいただくと、なぜオススメ出来ないのかを理解し、

私のようにふらついたりしたり睡眠不足気味に陥るという

失敗をせずに済みます。

 

 

 

それでは、これから実際に私が経験したことと共に、

オススメできない理由と危険性を見ていきましょう。

 

 

 

 

 

 

ダイエット時のコーヒー摂取はオススメできない理由! 解説動画

 

 

 

 

コーヒー摂取により発生する症状と危険性の理解

 

 

それではひとつずつ実際にコーヒーを飲んで起こった症状と、

調べて分かったことを書いていきますね。

 

順序としては、得た知識 → 経験談 のように書いていきますね。

先頭に黒丸がある文章が得た知識の部分です。

 

 

 

主に缶コーヒーということでお話しますが、

自分でお湯を入れて作ったコーヒーやコンビニやカフェで購入した

ものについても考え方は同様ですので、参考にしてみてください。

 

 

以前はよく、仕事中にガブガブ飲み、ふらつくことが何度もありました。

 

 

 

当時は知識がなかったのでしょうがないですが、歩くことが困難になるくらい

ふらついたことがあり、そこでやっと真剣に調べ始めました。

 

わかったことは以下のようなことです。

 

 

 

・カフェイン摂取量は成人で400ml程度以内が適当

多い時は500mlの缶+180mlの缶を飲んでしまっていました

 

・コーヒーは飲んでもすぐに尿として排出されるので、

水分を摂取していることにはならない

水分摂取していると思い込んであまり水やお茶を飲んでいませんでした。

 

・カフェインを多量摂取するとめまいや

心拍数が上がるなどの症状が出る

→なんだか心拍数が上がるな?とは思っていましたが、コーヒーのせいだとは

思っていませんでした。

 

・砂糖入りのコーヒーを飲むとさらに糖質が欲しくなる

→ブラックコーヒーならまだいいですが、砂糖入りの缶コーヒーを摂取すると、

糖質を無駄に摂取することになる上に、

また糖質が欲しくなりチョコなどに手を伸ばしてしまう可能性が高まり、

実際になにか食べたりしてしまっていました。無駄なカロリー摂取ですね、

 

・糖質過剰摂取は吹き出物の発生原因となる

→体質かもしれませんが缶コーヒー(甘いもの)を飲むと

よく吹き出物が顔によく出ていました。

 

調べてみると糖質がなんらかの影響をしているようです。

 

試しに甘い他の飲み物を数日飲んでみると確かに同じように出ました。

 

でも経験的には缶コーヒーを飲んだ時が最もすぐに症状が出る気がします。

 

吹き出物が出るということは体が、

 

『これは摂取してはイカン!』

 

とおそらく言っているのだと思いますが当時は無視して摂取しまくっていました。

 

・インスタントコーヒーやカフェなどで飲む場合、

シロップやミルクが体に悪い

→この点についても知らずに、よくシロップなどを入れたりしていました。

 

シロップやミルクは常温で、何日も何週間も腐らない食品ということ自体が

体にあまり良くないということの証明になると思います。

 

 

 

ほかにもいろいろありますが、これだけ抑えておけばとりあえず良いでしょう。

 

ただ、経験的にはコーヒーはダイエット時は控えたほうが良い気がします。

 

特に冬などは、もし痩せ始めてきている場合、以前より寒く感じるように

なっている上に

コーヒーを飲むことによりさらに寒く感じるようになるためです。

 

 

ホットコーヒーでもいけません。飲むとわかりますが内臓は確かに暖かくなっている

感じはありますが、手先や足先はすぐに冷たくなります。

 

これはコーヒーが【陰】の飲み物であるからなんですね。

飲み物の陰陽については以下の記事も参考にしてください!

関連記事:ダイエット効果を上げる飲み物選択方法とは?白湯効果が凄すぎる!

 

オフィス作業ですとPC操作をしているだけで指が冷たくなるので、

仕事にも支障をきたします。

 

 

 

さらに言いますと、コーヒー摂取は以下のような懸念もあります。

 

夜の睡眠が浅くなる→頻繁に起きる→睡眠の質が悪くなる→

睡眠が足りないと無駄にお腹が空く(レプチンの影響)→食べてしまう

 

このようなことが発生しかねません。

 

レプチンについての関連記事:
ダイエットを始めたらメリット大の朝型生活にシフトしよう!

 

 

 

コーヒー好きの人は多いとは思いますが上記のような理由で、

ダイエットにはあまりオススメは出来ないですね。

 

レプチンの影響だけでしたらまだしも、ふらついて倒れたりすると

ダイエットどころではありませんからね。(実際に倒れそうになったこと有り)

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

コーヒーがオススメできない理由と危険性がご理解いただけましたでしょうか。

 

 

 

コーヒーが好きで何杯も飲む、朝に夕に、仕事中に飲む、

カフェに行って飲む等をされている方も多いとは思いますが、

ダイエットに関しては私の意見としては何度も書いてますが、

あまりオススメ出来ない飲み物です。

 

 

 

ふらつくことに関しては量を抑えれば良いかもしれませんが、

睡眠の質が悪くなる点については、少量でも影響があると思いますので、

本気で痩せたいのであればダイエット期間中だけでも控える事をオススメします。

 

だからと言って、お茶をがぶ飲みするとよくないですね。

 

お茶にもコーヒーほどのカフェインではりありませんが、一応入っていますし、

手が冷たくなるという症状も同様に出ます。

 

ですので、カフェインも入っていなくて、体の冷たくならない(陽性の飲み物)

ものとして、

 

黒豆茶(私も愛飲)

 

 

などを摂取すると良いかもしれませんね。

 

自販機などにはあまり売っていませんので、自宅で作って水筒で持っていく

などの方法が良いと思います。

 

 

 

おまけ:オススメの水筒(私も使っています)

 

タイガー 水筒 200ml サハラ マグ 軽量  スノーホワイト MMP-G021-WW

 

 

今回の記事が参考になれば幸いです。