こんにちは!

 

今回は、食後のウォーキングについてお話します。

 

 

 

ウォーキングは単調な上に消費カロリーも少なくて、

あまりメリットなさそう・・。

 

そう考えている方も多いかと思いますが、メリットは結構多いので、

取り組む価値はあると思います。

 

では見ていきましょう。

 

 

 

 

 

 

食後はウォーキングがオススメな理由 解説動画

 

 

 

 

 

食後の過ごし方

 

あなたは食事した後はどのように過ごしていますか?

 

 

通常は座って休んでいることが多いですよね。

 

それはそれで食後の贅沢な時間・・ということで良いとは思うのですが、

ダイエッターとしては、なんらかのアクションを起こしたいところですね。

 

 

 

実は、食後に20分ほどウォーキングすると、かなり太りにくくなります。

脂肪を体に吸収する前に消費することができるというのがその理由です。

 

 

ただ実際には、そんなに急に食べたものが脂肪に変化するわけではないのですが、

脂肪になると思われる対象を事前に減らしておくという点では効果があると思います。

 

 

 

一般的には、食後30分以内に運動すると消化が悪くなるため、

30分以降に行うと良いと言われていますが、昼休みなど、

30分空けることが難しい場合は、食後すぐに歩いてもかまいません。

 

私は実際にそうしています。

 

 

 

仕事用の靴だと歩きにくい・・を解決

 

仕事中の昼休みだと靴がスニーカーではないために歩くことがきつい・・

というようなこともあると思います。

 

そのような場合は、1足スニーカーを職場に置いておくなどすると良いと思います。

 

 

その場合には、「どう見てもスニーカー!」という感じものではなく、

スーツなどと合わせてもあまり違和感の無いものが良いでしょう。

 

 

 

例えばこちらですね。

 

NIKE スニーカー AIR FORCE 1

nike-airforce1

 

基本的にすべてが真っ黒な上に、靴の上部は革で出来ており、

スーツに合わせてもそこまで違和感はありません。

 

こういうものを利用しましょう。

 

 

 

また、ウォーキングする際には早歩きするとよいですね。

 

あまりきれいな話ではないですが、歩くと上から下からガスが出まくります。

ただし、食べている量にもよりますが。

 

このようにガスが抜けると、体がとても楽になります。

 

その上、ウォーキングは血糖値も安定させてくれるので、糖質の多い食べ物を

摂取した後によくありがちな強烈な眠気を避けることが出来ます。

 

 

たくさん食べた後の強烈な眠気はほとんど、血糖値が急激に上がったり、

下がったりすることが原因です。

 

糖質系を大量に摂取するとよく起きる症状です。

 

試しに、肉ばかり食べてお腹いっぱいにしてみると、

そのような状況にあまりならないことがわかると思います。

 

 

たくさんランチを食べた後の会議の眠気・・・あれは結構きついですよね。

そのような状況も避けられますよ!

関連記事:カロリー計算不要な簡単な食事制限方法!糖質制限ダイエットとは

 

 

食後にウォーキングする時間があまり無い場合は、

食べる量が多かった場合のみ行うという方法でも良いですね。

 

たとえ10分でも全くウォーキングしない場合と比べて体の調子が全然違いますよ。

 

 

 

まとめ

 

ウォーキングは面倒なイメージがありますが、

慣れてくると食後にウォーキングをしないと違和感を覚えるようになってきます。

 

そういう感覚になればウォーキングが習慣化できているということですので、

ダイエットもきっと加速しますね。

 

そうは言っても毎回食後に歩くことは難しいと思いますので、

食後に時間があるとき、もしくは食べすぎたかな・・・・

と思うときに行うというやり方が現実的ですね。

 

 

今回の記事がお役に立てれば幸いです。