[dblog-rsp-text-pic2]


【LINE】に登録していただくと
記事更新の際に通知が届きます!
友だち追加






 

こんにちは!

 

今回は、

 

【糖質制限中でもデザート大量摂取可能?低糖質コーヒーゼリーの作り方!】

 

ということについて書いていきます。

 

 

 

あなたはダイエット中ということでデザートを我慢している・・・ということは無いですか?

 

 

デザートは別腹・・・とはよく言いますが、ダイエット中に【別腹】はまずいですよね。

 

今回はダイエット中でも、また糖質制限実践中でも食べられるデザートの

作り方を紹介しますね。

 

 

 

今回の内容をお読みいただくことで、

ダイエット中でも食べられるデザートの作り方を知ることにより、

我慢する傾向にあったデザートを気兼ねなく摂取できるようになります。

 

 

それではこれから見ていきましょう。

 

 

 

 

 


 

 

[dblog-rsp-midashi-st]

低糖質コーヒーゼリーの作り方! 解説動画

 

 

 

 

低カロリー低糖質コーヒーゼリーを作ってみよう

 

(ダイエット スイーツ)などで検索するとレシピがたくさん公開されているので、

あなたも作った事があるとは思いますが、今回は私が作った中で

低糖質低カロリーでとても簡単に作ることが出来るものをご紹介します。

 

 

 

今回のレシピで使用する材料の原材料はほとんど添加物が含まれていないもの

ばかりなので、体にとっても、良いものだと言えます。

 

作るデザートはタイトルにもどどーんと載っている通り、

【コーヒーゼリー】

です。

 

普段料理などしないずぼらな私でさえ簡単に作れてしまうので、

非常にお勧めです。

 

 

 

材料

 

まずは材料ですね。

 

材料1 インスタントコーヒー(本格的なコーヒーでももちろん構いません)

ただ、コーヒーだとカフェインが多い上にもし子供さんも食べるとなると

ちょっと如何なものかな?と懸念があるようでしたら、カフェインレスを選ぶといいですね。

私が使用しているコーヒーとカフェインレスコーヒーはこちらです。

 

 

 

 

 

 

材料2 ラカントs(甘味料)

こちらは以前の記事で紹介したことがある天然の甘味料です。

 

カロリーも糖質もほぼゼロなのに砂糖のように使うことが出来ます。

 

血糖値を上げずに砂糖のようなものが摂取できるというのは非常に

ありがたいですよね!

 

 

関連記事:ダイエット中でも甘いものを摂りたい?ラカントsを活用しよう!

 

 

 

 

3 粉ゼラチン

こちらは普通にスーパーで売られているゼラチンで結構です。

原材料:ゼラチン とだけ書かれているものを選ぶと良いですね。

以下は参考です。

 

 

森永製菓 クックゼラチン 13袋入

 

 

4 生クリーム

こちらについては、多少こだわったほうが良いかも知れません。

 

通常売られている生クリームだと原材料に色々なものが

入っていますので、なるべくそういうものが入っていないものを

選ぶとよいと思います。

 

ちなみに私はこちらを使っています。

 

原材料は 生乳(北海道産) これだけです。

 

 

 

5 水

せっかくここまで原材料にこだわってきたのに、コーヒーを作る水が

水道水ですとかなり残念ですので、なるべくはミネラルウォーター

使うようにしましょう。

 

 


 

 

作り方

 

作り方は非常~~~に簡単です。

 

作業自体は5分程度です。(冷やす必要があるので実質は4時間ぐらいかかりますが)

 

量については私は1リットルで作っているのですが、多すぎる気がしなくもないので、

500mlの計算で書いていきます。

 

1 インスタントコーヒー(500ml)を鍋に入れて温める

沸騰まではさせなくてもいいです、少し泡がぷくぷくする程度でいいです。

このコーヒーはすでに飲める状態のものを入れてくださいね。

 

2 中火にし、ラカントsを大さじ3杯分を入れて

しばらく(1分~2分程度)混ぜる

 

3 ゼラチンを入れてまた混ぜる。ゼラチンが溶け切った事を確認後、

火を止めて別の容器(タッパーなど)に移す

 

4 常温程度になるまで放置した後、冷蔵庫に入れる

 

5 3~4時間ぐらい経過すればいい感じのゼリーになる!

 

これで完成です!

 

 

実際に食べる際には、デザート皿などにコーヒーゼリーを

スプーンですくって入れた後で生クリームをかけて食べてくださいね!

 

甘さが足りないな・・・と感じるようでしたら、次回作る際には

ラカントsを大さじ4杯入れるなど、ご自分が好きな甘さになるよう

調整してみてくださいね。

 

 

 

これだけの量を摂取しても糖質もカロリーも生クリームで

摂取する分しかありません。

 

生クリームも入れなければ、糖質はほぼゼロですね。

 

 

 

試しに500gを一気食いしてみましたが、通常だとこんなに

食べれないと思われるところ、余裕で完食できました(笑)。

 

原材料に変なものが使われていないと、

結構大量に食べることが出来てしまうんですよね。

 

このあたりは食べ過ぎには注意してくださいね!

 

以上です!

 

 


 

 

[dblog-rsp-midashi-last]

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

低糖質・低カロリーコーヒーゼリーの作り方が

ご理解いただけましたでしょうか?

 

 

 

誰でも知っていそうなゼリーの作り方ですが、ラカントsと今回紹介しました生クリームを

使用することにより、かなり健康的でもあり、ダイエッターにはありがたいレシピに

なっているのではないかと思います。

 

全く食べてても罪悪感が無いので、食後にいくらでも食べることが出来ます。

 

 

 

コンビニのゼロカロリー寒天ゼリーも美味しいのですが、

添加物が結構大量に入っているという点を考えますと、

今回ご紹介したゼリーのほうが、安全で良いのかなと思います。

 

簡単ですぐに作ることができる美味しいものがありましたら

またご紹介しますね!

 

 

 

今回の記事がお役に立てれば幸いです。

 

【関連記事】


[dblog-rsp-text-pic2]