こんにちは!

 

今回は、

 

【糖質は控えたいけどどうしても摂りたい?

その際は、(精製炭水化物)だけは避けるようにしよう!】

 

ということについて書いていきます。

 

 

 

あなたは炭水化物が好きですか?

 

 

もし、糖質制限を実践されているようでしたら泣く泣く我慢しているかもしれませんが、

とくに糖質制限などを行っていない場合、どちらにしても糖質を

摂取してしまうのでしたら、精製炭水化物は避けるようにしたほうがよいです。

 

ではこの精製炭水化物とはなんでしょうか?

 

 

 

今回の内容をお読みいただくことで、

精製炭水化物を知ることで、少なくとも体に悪く、

太りやすいものを選択をしてしまうことを避ける

ということができるようになります。

 

それではこれか見ていきましょう。

 

 

 

 

 

 

精製炭水化物だけは避けよう! 解説動画

 

 

 

 

精製炭水化物とは?

 

 

精製炭水化物の説明の前に、炭水化物と糖質の関係について書いておきますね。

 

炭水化物 = 糖質 + 食物繊維

 

このように糖質というのは炭水化物の一部なのですね。

 

よく混同されるのですが、この点は理解しておいてください。

 

ただし、今回の内容の中ではほぼ、糖質=炭水化物と理解しておいて

いただければと思います。(食物繊維を多く含む炭水化物の話題が出ないため)

 

 

 

では、精製炭水化物についてお話します。

 

炭水化物は2種類あります。

 

1 精製炭水化物

2 未精製炭水化物

 

こちらですね。

 

 

 

ただし実際には炭水化物以外にも精製・未精製の違いはあります。

 

油もそうですし、塩もそうですね。

 

 

ちなみに精製とは、wikipediaによると、

【粗製品に手を加えて、一層品質のよいものにすること】

だそうです。

 

元の食品に何らかの手を加えたものと思っていただければ結構です。

 

 

 

精製炭水化物の主なものとしては、

白米 パン 麺 砂糖

などがあります。

 

 

未精製炭水化物は、

玄米 全粒粉パン さつまいも 果物

などですね。

 

 

完全な方法では無いですが、色が白いものが精製炭水化物と考えて

いただくと良いでしょう。

 

 

 

精製炭水化物はどのような点が良くないのか?

 

精製炭水化物に関しては未精製炭水化物と比べると、、

【体に悪い】

ということが言えます。

 

どのように体に悪いかと言いますと、以下の2つが挙げられます。

・血糖値が上がるスピードが早い

・栄養価が低い

上記以外にもありますが、最も体に対して影響が大きいものとしては

この2つということがいえそうです。

 

 

 

そして、実勢に摂取した際に起きることとしては、

 

・未精製より明らかに大量に食べてしまう

・たくさん食べてもすぐに空腹になる

 

 

などがあります。

 

『これって炭水化物だと当たり前にそうじゃないの?』

 

と思われるかも知れませんが、実は精製炭水化摂取時にこのような

状態になることが多いんですね。

 

の状態はダイエットには全く適さないということはすぐにわかりますよね。

 

 

 

ということで、本来は精製・未精製、どちらも食べないほうが

ダイエット的にも体的にもいいのですが、妥協して摂取するなら未精製炭水化物を

選ぶようにしてくださいね!

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

精製炭水化物についてご理解いただけましたでしょうか?

 

ダイエッターからは炭水化物は悪者扱いされることが多いですが、

最も悪いのは今回ご紹介した精製炭水化物ですので、その点をよく理解した上で、

炭水化物を摂取するようにしてくださいね。

 

ですが、なるべくどちらも控えてくださいね。

 

そのほうがダイエッtの成功は早いです!

 

 

 

今回の記事がお役に立てれば幸いです。

関連記事:カロリー計算不要な簡単な食事制限方法!糖質制限ダイエットとは?